オーガニックのドッグフード

オーガニックフードの定義

_甬3年間にわたり、農薬・化学肥料・土壌改良剤などを使用せず、有機的な手法で栽培されたフードであること。

⊃郵添加物や保存料は一切使用しないフードであること。

0篥岨卅箸澳垢┯粁舛六藩僂靴覆ぅ奸璽匹任△襪海函

細かくはもっと基準があるのですが、厳しい検査機関の認定を受けなければならないため、大変信頼出来るフードと言えます。





クプレラ(CUPURERA)

クプレラ(CUPURERA)

クプレラの特徴として、グルテンが入っていないこと、そしてプロバイオティクスと酵素 が非加熱で入っていることです。同じく熱に弱いビタミンも非加熱で配合。ビタミンとミネラルはバランスよく配合する必要が有りますがこれによりビタミンの量が増え、結果ミネラルもたくさん配合することが出来ています。原材料にオーガニック原料を使っています。Chez PUCCIイチオシのフードです。

ヤラー

ヤラー

ヤラーは、オランダの『Skal』と、スウェーデンの『KRAV』の2つの機関から安全な食品としての認証を受けた正真正銘のオーガニックドッグフードです。
商品名に『オーガニック』と謳うほど自信があります。

ソルビダ

ソルビダ

ソルビダはオーガニック素材のフードながら高い嗜好性もあると評判のフードです。嗜好性が高い=原材料が不安というイメージがどうしても残ります。これは当然のことで嗜好性を上げるために色んな添加物を加えるフードがあるのは確かです。
しかしソルビダはオーガニックの厳しい基準をクリアしているフードですのでその点は安心できると言えるフードです。

カルマ

カルマ

オーガニックドッグフードとは、3年以上農薬や化学肥料を一切使用しないで栽培された農産物と、その農産物を飼料として与え、抗生物質や成長促進剤を与えず育てられた動物及びそれらの動物から採れた乳製品で作られたドッグフードです。 オーガニックドッグフード『カルマ』は、アメリカ農務省(USDA)により95%以上オーガニック認定を受けています。 USDAが認定するオーガニック認定には100%・95%以上・70〜95%・70%未満の4段階あり95%以上のレベルのものにのみUSDAが認める認定シールを貼付する事が許されます。

ウェナー

ウェナー

ウェナーは原材料の98%以上がオーガニック原料で、様々な機関でファーム、工場、包材など商品に関連するすべてにおいて認証を得ている大変素晴らしいフードです。

FORZA10(フォルツァディエチ)

FORZA10(フォルツァディエチ)

FORZA10はイタリアの獣医師が22年の歳月をかけて、臨床事例を基にペットの健康を目指した食事療法食です。漢方や植物療法に着眼し、動物本来の健康力を見直し、一頭ごとに違うコンディション別に選べる独自性のある商品群となっています。



オーガニック原料のドッグフード

54商品

54件 1-12表示
54件 1-12表示